東京都北区 板橋駅
  • 最大
  • 標準
・文字サイズ
TEL

お知らせ

▼ 休診・診療時間の変更休診・診療時間の変更 ▼ ニュースニュース
▼ 院長のつぶやき院長のつぶやき

院長のつぶやき

2018.10.10
先日、新しい物好きの妻と日本橋高島屋の新館に出かけました。…

先日、新しい物好きの妻と日本橋高島屋の新館に出かけました。14時頃なのにレストラン街は一杯で、目の前の丸善のMaruzen Caféで「早矢仕ライス」を頂きました。ハヤシライスは丸善創業者の早矢仕有的が作ったとする説が有力です。大きな丸善にはMaruzen Caféがあり、オアゾのお店には時々出かけます。そして、丸善で2つの物をゲットしました。一つは「辞書では分からないニッポン 笑える日本語辞典」です。言葉に含まれた微妙なニュアンスをイラストと現代風な解釈でユニークに解説しています。その中の一つを紹介します。

笑える日本語辞典

「非常食」
ひじょうしょく
 非常食とは、災害時のために用意しておく食糧のこと。常温で保存がきく食品が適し、以前から乾パン、缶詰などが代表的な非常食として知られている。正直、うまそうなものはあまりなく、非常時だってそこそこうまいものは食べたくなるだろうにとも思うが、非常食がまずいのは理にかなっていて、あまりに食欲をそそる食品だと、ついつまみぐいしてしまいそうで、肝心の非常時に持ち出し袋の中は空っぽというおそれがあるからだ。また、非常時に際しても、うまいものばかり揃えているとあっという間に食べつくしてしまう可能性が高く、「まずいなあ、もう」と文句をいいながらちびちび食べて命をつなぐのに適したまずさが非常食の持ち味だともいえそうだ。

非常食

この本は待合室に置いてあります。もう一つは本ではありません。近いうちにご紹介します。

↑
上に戻る